スムージーの発祥

日本ではここ数年で、爆発的な人気となったスムージー、ご存知ですか?
発祥地はアメリカの西海岸周辺と言われ、英語のsmooth「滑らかな」という意味から名づけられました。実際その名の通り滑らかな食感のドリンクです。

美容やダイエットの分野でも大人気。健康状態を向上させ、がんなどの病気予防や改善に効果的なのです。
そんなスムージーの発祥について見て行きましょう。

アメリカ発のローフード

スムージーは1900年代、家電の普及に伴って広まったアメリカ発祥のドリンク。
ローフード(row food)またはリビングフード(living food)と呼ばれる食生活方式の1つです。加熱をせず、なるべく調理の手を加えずに素材を生のまま摂取することが目的。

理由としては加熱により、栄養や酵素の損失が多いからです。素材を丸ごと生のまま摂取するからこそ、生きる酵素や栄養素の力を活用するのです。
直接体に働きかけ、新陳代謝を良くし、腸内環境を整えて、便秘予防や体内に蓄積された老廃物や毒素を排泄してくれるというわけです。

免疫力の向上、病気予防や改善、美容やダイエットにも効果的。
だから人気なのですね。

由来はインドのラッシ―? それとも地中海料理のピューレ―?

由来については、複数あるようです。
1つはインドの『ラッシー』という説。また別の説によるとスムージーの前身?とも思われる食品が、地中海周辺やその東部地域に存在。現在のスムージーに似た、野菜をピューレ状にしたドリンクが飲まれていたようです。

ラッシー

ラッシ―はダヒーと呼ばれるヨーグルトの一種を使用し、それにミルクや砂糖、果実を加えてミキサー等で撹拌するドリンク。
ミキサーが出回る前は木製の棒のような道具で作っていたようです。

スムージーとラッシーの違い

地中海料理

もう一方の説は、オリーブ油や野菜・果物をたっぷり使用した地中海料理のピューレ状の物。
地中海と言えば、主にギリシャやイタリア、スペインなどヨーロッパと北アフリカ諸国の文が行き交う独特の文化が魅力の地域ですね。

象徴的な地中海料理はオリーブ油、野菜、果実、ナッツ類などをたっぷり摂り入れて作る料理のこと。地中海式ダイエットが流行したこともありましたが、美容・ダイエット・健康維持、病気予防や改善に効果的なことでも知られています。

特にオリーブ油は特に体の毒素や老廃物を排出する作用があり、体に良いと言われています。昔から体に効く食物に関心が高かったのかもしれませんね。

代表的な料理『ラタトゥユ』は加熱調理して作りますが、野菜を丸ごと使用するシンプル料理。調理法としては似ている部分がありますね。

電化製品の普及で飛躍的に解放された調理法

家庭用冷蔵庫の冷凍技術が貢献した料理法。
1800年代にアメリカで現在の冷蔵庫の前身が製造されました。

最初は運送用や商業用の業務用中心でしたが、1850年以降頃から、冷凍技術が確立。
業務用に商品化されたようです。
冷却する際のガスの安全性が難しく、家庭用冷蔵庫は1920年頃、販売されるように。
画期的な家電である冷蔵庫に加え、冷凍できることが、家庭料理を次々と自由に解放して行きました。冷凍食品が良い例ですね。

その後家庭向けに次々と商品化され始め、家電の種類も増えていきました。
際立って普及したのは冷蔵庫、更に進んで冷凍機能が付いた冷凍冷蔵庫です。
その後ミキサーやブレンダ―、電子レンジ等調理用家電が続々と登場し、革新的な技術の発達によって、家電が充実。

生活の必需品から、生活を楽しむ家電へとどんどん進化し、現在のような様々な電化製品が誕生しました。
当初のスムージーは、果実や野菜を冷凍させて作るシャーベット状のドリンク。
この冷凍技術が大きく貢献したようです。
更にミキサーのお蔭で、現在のように手軽で簡単にスムージーが作れるわけです。

スムージーは電化製品の発達と家電としての普及により、手軽に調理できるようになったドリンクなのです。

人気スムージーランキング
目的別にレシピを探す
ダイエット効果
むくみ解消
美肌効果
便秘解消
健康的な体づくり
材料別にレシピを探す
バナナ
小松菜
リンゴ
ほうれん草
ベリー系
アボカド
水菜
トマト
その他