スムージーとは

ここ数年、健康面やダイエットの話題で、良く耳にする言葉ではないでしょうか。 まだ試したことのない方にとっては、ドリンクの一種ということぐらいしかイメージできない方も多いかもしれません。
液体なので、見た目は野菜ジュースと変わらないようにも思えますね。

それではジュースとの違いは何なのでしょうか?
スムージーをまだ体験された事がない方のために、ここでスムージーのことについて触れてみたいと思います。

スムージーって、どんな飲み物?

そもそもスムージーとは、新鮮な果物や野菜等を使用し、皮も丸ごと、水などを加えたりして、ブレンダ―やミキサーなどで粉砕した飲み物のことです。

凍らせた果実や野菜を使用したシャーベットのような食感の物や、常温の素材に氷を加えてミキサーにかけた、氷の粒々を楽しむ食感の冷たい飲料タイプ。又は常温の素材で作る物など、色々なタイプがあります。

ジュースは主に素材の汁だけを摂取することが多いですが、スムージーは皮も、食物繊維も丸ごと摂取できるという点が大きく異なります。

よく果実の皮にも栄養が詰まっていると言われますが、野菜や果物には『フィトケミカル(ファイトケミカルとも呼ばれる)』という物質が含まれています。これは野菜や果実の色素、苦み、辛み、えぐみと言った香り成分のことで皮の部分に多く含まれています。

体に良いと分かっていても、皮を食べると堅いことが多く、食品によっては苦みがあるなどかなり抵抗があるのも事実です。しかしスムージーなら皮も含め、素材を丸ごと使うので、栄養を損なうことなく、手軽に自分の好みに合わせて作れるドリンクという訳です。

特に旬の素材を使うと、更に美味しく仕上がります。
旬の食材は、太陽の光を浴び、自然の中で栽培されていることもあり、味も濃厚で、風味も豊か。正に自然のチカラが凝縮されている味なのです。

スムージーの種類

主にスムージーには以下の5種類が良く知られています。

まずは果実を中心に野菜と組み合わせるフルーツスムージー。次は良く耳にする、葉野菜と果実の両方を使って作る、見た目が緑色のグリーンスムージーやダイエットを目的として、砂糖を使用せずにナッツ等で食欲を抑える等の効果を期待するダイエットスムージー。

健康面で良く言われるのは、ヘルシースムージー。生活習慣病などの対策として、必要な栄養素を効果的に摂取して、食生活の改善を図るのが目的です。

最後はデザートスムージーです。アイスクリームやハチミツ、シロップ、調味料等を使用し、好みに合わせて、デザート感覚で飲みやすくアレンジした物。

他にもお好みでアレンジ出来るので、多岐に亘ります。

スムージーの良い点

それではスムージーの優れた点をご紹介しましょう。
身近な果物や野菜を使い、手軽に、自分好みに合わせてブレンドでき、更に栄養価が高いこと、これが人気の理由でしょう。

野菜に含まれるミネラル、ビタミン、食物繊維は、他の食品では摂取しにくいのが現状です。丸ごと栄養を摂取できるスムージーは、より健康に導いてくれる飲料と言えるでしょう。
熱を加えずに作るので、酵素とビタミンCの栄養価を損なうことなく、豊富に摂取でき、更に消化しやすい点も魅力の1つです。

素材そのものの自然の力が体に働きかけて、より健康な状態へと導いてくれる飲料です。

スムージーの一般的な作り方

ここではスムージーの作り方についてご説明しましょう。

①まず果物や野菜の材料を予め小さくカットしておきます。
②材料①をミキサーやブレンダ―に入れます。(この時水分の多い物から入れるとミキサーやブレンダ―が回転しやすくなります。)
③更に水などの水分を加えて、スイッチを入れます。
④一気に回転できない場合は、少し回転させて止め、また回転させて止めての動作を繰り返し、丁寧に回転させて下さい。
⑤食感など、お好みの滑らかさになったら、コップに注いで出来上がりです。

他にも凍らせた果物等を使用したり、常温の素材に氷を加えて一緒にミキサーにかけて氷の粒々を残した食感の物など、作り方や仕上がりの食感も様々です。手軽で簡単に出来るので、身近な材料を使って、まずは自由に作ってみて下さい。ドリンクとは言え、見た目の割には腹持ちがよく、アレンジ次第で、デザート風の印象にもなりますよ。

以上スムージーについて見て来ましたが、いかがでしたか?
アンチエイリアシングや健康、病気予防として、スムージーで果実や野菜を多く摂るよう心掛けると、免疫力が上がり、体の状態がより快適になると思われます。
まずはゆっくり自分のペースで始めてみて下さい。

スムージーの発祥について

人気スムージーランキング
目的別にレシピを探す
ダイエット効果
むくみ解消
美肌効果
便秘解消
健康的な体づくり
材料別にレシピを探す
バナナ
小松菜
リンゴ
ほうれん草
ベリー系
アボカド
水菜
トマト
その他