スムージードリンクの保存方法!作り過ぎた!材料余った!そんなとき長持ちさせるには?

スムージードリンクの保存方法

スムージーを作り始めたばかりの頃は、適量という判断が難しいことがあります。 作りすぎてしまう場合や、思っていたより飲めないこともあるかもしれません。 個人によっても摂取出来る量は異なるからです。

そんな時、スムージードリンクの保存方法はどうしたらよいのか、見て行きましょう。

スムージードリンクを作り過ぎた場合

酸化の促進を防ぐ

食品は酸素に触れることで、どんどん酸化し痛んでしまいます。 スムージーは、果実や野菜を水と一緒にミキサーで撹拌して作ります。従って材料の時より、酸化しやすい状態になります。 肉を例に取れば、塊の状態の方が、ミンチより持ちが良いです。つまり空気に接する面が多いほど、酸化が早まると言うことです。

空気の遮断

残ったスムージードリンクは、ガラスや陶器等の器に移し、ラップをきちんとして空気を遮断して下さい。その後、冷蔵庫に入れて保存して下さい。 レモン汁をふり入れてからラップすると良い様です。ビタミンCは酸化から守ってくれる働きがあるからです。でもなるべく短時間で飲み切った方がよいでしょう。

スムージードリンクを携帯するための保存方法

朝作ったスムージードリンクを勤務先や外出先で飲む場合の保存も見ておきましょう。

耐熱・冷使用のスムージー専用携帯ボトル

スムージーの専用ボトル

スムージーを携帯する為の専用ボトルも各種販売されています。 主にステンレスで出来ており、耐熱仕様なので、熱い物にも冷凍した物を入れるにも対応できる優れモノです。年間を通して使える為、使い勝手が良いです。 夏場は冷たく凍らせたスムージー、冬場はホットスムージーと、季節に合わせて使い分けられます。

特徴としては、スムージー独特のとろりとした液体がこぼれず、飲みやすい様に口の所に工夫がされています。割れにくく、持ち運びしやすい形なので重宝します。

価格

専用ステンレスボトルの価格としては、大きさにもよりますが約1000~2000円程度です。

スムージーを持ち運び!持ち歩きに便利な方法でボトルについて詳しく知れます。

スムージーの材料を保存する方法

スムージーを作るために集めた材料の保存方法についても見ておきましょう。 朝起きてからすぐにスムージー作りに取りかかれるよう、前日に用意をしておくと 便利です。

葉野菜の冷蔵保存

良く洗う

残留農薬や泥を落とすため、ボール等に水を入れた中で葉っぱについた汚れなどをおとします。汚れた水を捨て、再度丁寧に洗って終了。

容器やビニールで、茎を立てて保存

タッパーやビニール袋等、保存用の物に入れ、根本を下にして、茎を立てるようにして冷蔵庫で保存します。多少長持ちしますが、なるべく早く使用した方が良いでしょう。 ペットボトルの上の部分をカットし、その中に立てるようにして、更に上から空気を遮断するため、ビニール袋などを軽くかければ、より保存しやすくなります。

 

葉野菜の冷凍保存

買物に行く時間がない等、忙しい方は予め冷凍しておいた物をスムージー作りに使用することも可能です。 冷凍保存の仕方を見てみましょう。

良く使用される小松菜などの場合

①良く洗い、水気を切ります。(水気を切らないと霜がついてしまいます。)

②葉と茎の部分を使用し、幅3~4㎝前後の大きさにカットします。根の部分は切り落として使いません。

③ジップロック等、冷凍保存用のビニール袋に入れて、空気が入らない様、平らにした状態で冷凍させます。

果実の保存

皮をつけたまま保存

食品全般に言えることですが、空気に触れることで酸化が促進されてしまいます。 果実の種類によっては、リンゴやブドウなどは皮ごとスムージーに使用しますので、作る時までそのままで保存した方が良いでしょう。 種類によっては冷蔵庫で保存すると長持ちします。

 

果実の冷凍保存

食べる時の状態で保存

果実は種類によって、冷凍保存の仕方が異なります。 良くスムージー作りで利用される素材を中心に、冷凍する前の準備の仕方について見てみましょう。

イチゴ

良く洗い、水気をしっかり切っておきます。

バナナ

皮をむき、程よい大きさに切ります。レモン汁をかけておくと、酸化を抑えて黒くなるのを防げます。

キウイフルーツ

皮をむき、そのまま輪切りにするか、くし切りにしておきます。

ぶどう

実を房から取って良く洗い、水気をよく切っておきます。

※上記の処理が終了したら、必ずジップロック等の空気を遮断する冷凍保存用のビニール袋等に入れて冷凍して下さい。

スムージーを作る時は、そのままミキサーに入れて使用します。 冷えが心配な場合は、予め冷凍庫から取り出しておいてから使用して下さい。

スムージーの保存方法のまとめ

スムージーを作る時には、材料の保存が重要です。 保存方法を知っておくと時短にもつながり、素材を無駄にすることもなく、手早く作れるので便利です。 冷凍保存しておくと、ある程度の長期保存も可能です。 ぜひ試してみて下さい。

人気スムージーランキング
目的効果別にレシピを探す
ダイエット効果
むくみ解消
美肌効果
便秘解消
健康的な体づくり
材料別にレシピを探す
バナナ
小松菜
リンゴ
ほうれん草
ベリー系
アボカド
水菜
トマト
その他
人気の記事
スムージーで悪い組み合わせ
スムージードリンクの保存方法!作り過ぎた!材料余った!そんなとき長持ちさせるには?
スムージーの基本的なルール
スムージーにはどっちが良い?フードプロセッサ―とミキサーの違い
スムージーに適さない選んではいけない材料
もっと記事を読む
最新の記事
スムージーに次に流行るのはライスミルク? ライスミルクとは
スムージードリンクの保存方法!作り過ぎた!材料余った!そんなとき長持ちさせるには?
スムージーを持ち運び!持ち歩きに便利な方法
スムージーにはどっちが良い?フードプロセッサ―とミキサーの違い
ホットスムージーでも使用される根菜類