スムージーとラッシーの違い

スムージーの由来は、ラッシーなのでは?と言う説もあるようです。 実際スムージーとラッシーは比較される場合が多く、似ている所も幾つかあります。 それではスムージーとラッシーの違いとは何でしょうか? 具体的に見て行きましょう。 その前にご存知ない方のために、ラッシーについて軽く触れておきたいと思います。

ラッシーについて

インドでかなり昔から飲み継がれてきた、伝統的なドリンクです。

ラッシーの作り方

本来は『ダヒー』と言う、水牛のミルクから作られたヨーグルトを使用します。 ダヒーがなければ、ヨーグルトとミルク又は水、味の調整のための砂糖やハチミツ等、全ての材料を一緒にしてミキサーなどで撹拌したドリンクです。

材料の目安は牛乳や水等、水分に対して、ヨーグルトは約2倍弱、約1.8~1.9倍を使用します。ハチミツ、砂糖は大匙2杯程度。いずれも目安で、好みの食感によっても量を調節して下さい。

仕上がりはヨーグルトとハチミツの量が多めでとろりとした物から、牛乳や水などの水分が多めのさらっとした物まで、好みによって十人十色。 プレーンの他には、砂糖入りの甘いタイプや、薄い塩味タイプもあります。 マンゴ―やバナナなどを使った果実入りのタイプもあります。

カレーとの相性がいい事からよくカレー屋さんで提供されていたりしますね。

栄養

乳製品がベースとなっているので、タンパク質、カルシウムなどが豊富でカラダに優しい味わいです。 最近はバリエーションに富んだ物が増えているようで、フルーツやシナモンなど好みの調味料などを加えて、デザート感覚のドリンクとしても人気です。

    

スムージーとラッシーの相違点

似ている点

まずは両者が似ていると言われる理由を見てみましょう。

例えば1つ目はドリンクによって、栄養を補給する点です。 インド発祥ということで、辛いカレーなど香辛料を使用した料理と一緒に摂取すると、口内がスッキリします。

2つ目は材料を撹拌して作る点です。 ラッシーは手でかき混ぜて作ることもできますが、果実などを一緒に撹拌する場合は、素材が硬いため、ミキサーやブレンダーを利用すると口当たりが良く、滑らかでスムージーのような仕上がりになります。

3つ目はラッシーが主に果物、スムージーは野菜と果物など、新鮮な生の素材を使用する点です。 特にスムージーとラッシーは共に栄養的に優れており、基本の作り方に加え、好みに合わせて摂取する素材や味なども調整できる点が共通しています。

4つ目は整腸の効果です。 スムージーは酵素、ラッシーは乳酸菌と、どちらも加熱をしないため、栄養を損なわずに体内に摂取できるのです。 その結果、酵素や乳酸菌が腸の働きを良くする整腸の効果があり、より健康な体へと導いてくれるのです。

異なる点

植物性と動物性の栄養素

まず1つ目は主要栄養素の違いです。 スムージーの主な材料は基本的に植物性で野菜と果実、水を使います。一方ラッシーは動物性タンパク質がメインで、ダヒーというヨーグルトとミルク又は水が材料となります。 スムージーの目的は野菜を豊富に摂取することですが、ラッシーの場合は乳製品の摂取が目的で、果実を加えるのは味の調節や個人の好みのために過ぎません。 つまり体の中に吸収される栄養分が違うと言うことです。

2つ目は摂取する栄養素と作用との違いです。 スムージーを飲むことはビタミン、ミネラル、食物繊維と言った、野菜ならではの栄養素と生野菜ゆえ、酵素が体内に届いて効果的に作用するという利点があります。 一方ラッシーはヨーグルトの仲間を摂取することで、乳酸菌を体内に摂取でき、腸内の善玉菌を増やすことが可能です。 つまり摂取する際の栄養面では、酵素と乳酸菌との違いがあり、従って体内での働きも異なるということです。

        

2つの違いについてのまとめ

スムージーとラッシーの大きな違いは、やはり摂取する栄養が植物性か動物性かという点ではないでしょうか。

発祥、浸透の背景

両者が浸透した時代背景や、発祥した土地の環境により、違った点が際立ったのだと考えられます。 ラッシーは電化製品が出回るようになり普及するよりも遥か昔から先人の知恵として、受け継がれて来た味です。 昔のインドは、昼夜の温度差が激しく、砂漠が多かった土地柄、野菜を大量に収穫することは難しかったのでしょう。 動物性の理由は、そこにあると思います。

一方スムージーはミキサーという電化製品の普及により、生野菜を大量に摂取可能となりました。 この場合生野菜は存在していたものの、摂取方法を改善したわけです。 つまりスムージーが普及、浸透した地域は野菜の収穫が豊富な地域ということです。

自然と人間の食生活

結果として自然と人間との関係は、食生活にも大きく影響するということです。 最近は輸入が当然となり、遠い国の産物も口にすることはできますが、昔は身近な土地の産物を食することがほとんどでした。 身近にある食材で、より健康的に生きるための知恵が詰まった物が、スムージーとラッシーなのです。 両者はそれぞれ先人の知恵がもたらしてくれた産物なのです。

人気スムージーランキング
目的効果別にレシピを探す
ダイエット効果
むくみ解消
美肌効果
便秘解消
健康的な体づくり
材料別にレシピを探す
バナナ
小松菜
リンゴ
ほうれん草
ベリー系
アボカド
水菜
トマト
その他
人気の記事
スムージーで悪い組み合わせ
スムージーの基本的なルール
スムージードリンクの保存方法!作り過ぎた!材料余った!そんなとき長持ちさせるには?
チアシード入りのスムージーは満腹感が凄い
スムージーにはどっちが良い?フードプロセッサ―とミキサーの違い
もっと記事を読む
最新の記事
スムージーに次に流行るのはライスミルク? ライスミルクとは
スムージードリンクの保存方法!作り過ぎた!材料余った!そんなとき長持ちさせるには?
スムージーを持ち運び!持ち歩きに便利な方法
スムージーにはどっちが良い?フードプロセッサ―とミキサーの違い
ホットスムージーでも使用される根菜類