スムージーで離乳食

赤ちゃんがいるご家庭では、口当たりの良いスムージーを離乳食に活用したいとお考えの方も多いかと思います。 ふんわりとしたやわらかい食感に加えて、ビタミンやミネラル、カルシウム、その他の栄養が豊富で食物繊維もたっぷり含まれています。離乳食にも便利です。

離乳食としてのスムージー

特に1歳未満の赤ちゃんは、免疫力や細菌に対する抵抗力が低いため、病気予防が最優先になります。 1歳を過ぎるまでは与えてはいけない、注意すべき食品があります。 離乳食用スムージーを作る際、下記の『離乳食の注意点』をご参照下さい。

スムージーを離乳食として利用するなら、1歳を過ぎた頃の離乳食完了期がおススメです。 理由としては、その月齢になると生野菜も食べられるようになるので、加熱をしないスムージーでもOKというわけです。 1歳未満の場合は、一旦レンジなどで加熱後、食材をミキサーにかけるなどの調理への配慮が必要です。 加熱しても野菜や果物の美味しさが味わえますし、食べやすい食感なので、便利です。 それではスムージーで離乳食を進める場合の注意点から見て行きましょう。

離乳食の注意点

赤ちゃんは生まれたばかりで免疫力が非常に弱く、消化器官の面からも食品には気遣う必要があります。 離乳食を始めるのは5~6ヶ月ごろからが一般的です。特に月齢によって避けなければいけない食品がありますので、確認しておきましょう。

特に注意すべき食品

スムージー作りによく使われるハチミツなど、赤ちゃんの体に良くない成分が含まれています。詳しく見て行きましょう。

ハチミツ

乳児ボツリヌヌス症を予防するため、満1歳を過ぎるまでは与えません。 これはハチミツに含まれるボツリヌスの芽胞を摂取することで、腸管内に菌が繁殖して起こる病気です。 ボツリヌス菌は毒性が強く、熱に対しても耐性が強いことで知られています。 味の調整に使用されている場合が多く見られますので、食品表示にも注意した上で与えることが必要でしょう。

卵アレルギー、特に卵白によるアレルギー症状が心配されます。  成長してから発症するケースもあるようです。 最近卵アレルギーだと感じる方が増えているようで、赤ちゃんや幼児期だけでなく、成長途中の間でも注意が必要でしょう。

牛乳

牛乳をそのまま飲むのは、1歳になってからです。  加熱処理をした離乳食として摂取する場合は、1歳未満でも大丈夫です。  乳製品のアレルギーもありますので、牛乳、チーズなどを与える場合にも注意が必要でしょう。

注意すべき遅延型アレルギーについて

摂取してすぐに症状が現れるアレルギーについては、良く知られています。 それとは別に摂取後数時間~数週間後に症状が出る、遅延型食物アレルギーがあります。  時間が経過しているため、アレルギーだと気づかずに苦しむ場合がある様です。

 

色々な種類の食材を摂取する

同じ食材ばかり摂取すると、アレルギーを悪化させる原因となる可能性があります。  なるべく多くの種類の材料を組み合わせるなど、工夫をした方がよいでしょう。  特に赤ちゃんは初めて食べる食品がとても多いので、1さじごとに反応を見ながら摂取させることが大切です。

遅延型食物アレルギー症状が出る頻度が高い食品

スムージー作りに欠かせない果物と、使用する方が多く、水の代わりに使用される乳製品類など、詳しい品目について見て行きましょう。

乳製品

牛乳、ヨーグルト、チーズなど。

果物

バナナ、すいか、メロン、パイナップル、柿など。 

個人によってはキウイや桃などのアレルギー反応が出る方もいます。  アレルギーの反応は個々に違うため、与える場合は下記のように注意が必要です。

与える時の注意点…1さじ毎に、様子を見ながら。

特に初めて摂取する場合は、アレルギー症状を引き起こす可能性もありますので、  ゆっくりと1さじ毎食べさせて、様子を見て下さい。  市販の食品やお菓子などは、通常アレルギー物質の表示がしてあります。  アレルギーの心配がある場合は、お子さんに与える前に注意して目を通しておくと良いでしょう。

スムージーを作る際、大人はハチミツを使用する場合がありますが、満1歳未満の赤ちゃんの離乳食にはハチミツや牛乳等、間違って入れないよう、ご注意下さい。

スムージーを離乳食に活用する際のメリット

栄養面でメリット

スムージーの魅力は、野菜や果実に詰まったビタミンやミネラル、鉄、カルシウムなど、他の食品だけでは摂取しにくい栄養素を手軽に摂取できることです。しかもドリンク状で歯がやっと生え始めたぐらいの赤ちゃんには最適です。 見た目が嫌で食べたがらない場合も良くありますが、元の形が分からないので味が良ければ食べてくれるみたいです。 野菜が嫌いなら、バナナやりんご等の身近な果物を多めにする、といった工夫を加えると更によく食べる場合が多いようです。

1歳を過ぎたら種類を増やして、食育の一環としても、スムージーを上手に活用したいですね。

1歳未満の場合は必ず加熱処理と、ハチミツ・牛乳・卵(特に卵白)に気を付けて下さい。免疫力や抵抗力が低い為、注意が必要です。 1歳を過ぎた離乳食の完了期ごろになると、生野菜をそのまま摂取できるようになります。スムージーをそのまま飲めるようになるため、お母さんもぐっと楽になるかと思います。 野菜のアレルギーや、飲み過ぎによる冷え性や胃腸など内臓が冷えて体調を崩すこともありますので、ご注意下さい。 お母さんは毎日忙しくて大変です。本当に疲れますよね。 だから手軽で効果的なスムージーを利用して、お子さんと一緒にお母さんも美容に栄養補給に、ぜひ役立ててみて下さい。 スムージーに込められた自然のチカラがギュッと詰まった分、きっとカラダが応えてくれることでしょう。 お母さんとしてだけでなく、いつまでもキレイな女性として輝き続けて下さいね。

人気スムージーランキング
目的効果別にレシピを探す
ダイエット効果
むくみ解消
美肌効果
便秘解消
健康的な体づくり
材料別にレシピを探す
バナナ
小松菜
リンゴ
ほうれん草
ベリー系
アボカド
水菜
トマト
その他
人気の記事
スムージーで悪い組み合わせ
スムージーの基本的なルール
スムージードリンクの保存方法!作り過ぎた!材料余った!そんなとき長持ちさせるには?
スムージー、飲みすぎは体に毒?
スムージーにはどっちが良い?フードプロセッサ―とミキサーの違い
もっと記事を読む
最新の記事
スムージーに次に流行るのはライスミルク? ライスミルクとは
スムージードリンクの保存方法!作り過ぎた!材料余った!そんなとき長持ちさせるには?
スムージーを持ち運び!持ち歩きに便利な方法
スムージーにはどっちが良い?フードプロセッサ―とミキサーの違い
ホットスムージーでも使用される根菜類