スムージーで悪い組み合わせ

スムージーを作る場合、好みや手に入りやすい物を選ぶ関係上、どうしても同じ材料を使う傾向が見られます。 同じ材料を大量に摂取するスムージーは、高い頻度で使用すると、アレルギーの原因となる場合もある様で、材料の選び方にも注意が必要です。 それでは予め知っておくべき、スムージーで悪い組合せ、避けるべき食品について見て行きましょう。

    

注意したい、スムージーの悪い組合せと避けたい素材

スムージーの中でも、特に健康的な印象のグリーンスムージーを作る方が多い様です。グリーンとは言え、スムージー作りに使用する野菜としては向いていない物もあります。適しているかどうか、しっかりと吟味する必要があります。また基本的に生の野菜や果実を使用するので、体調に関しても注意が必要です。

さてどのような素材が向いていないのか、具体的に見て行きましょう。

悪い組合せは、デンプン質を多く含む物+糖分の多い果実

デンプン質は糖と組み合わせると、消化の段階で体内の色々な物質と混ざったり、分解されたりします。その結果腸内でガスが発生しやすくなるため、避けた方が良いと言われています。 果実に含まれる糖は、デンプン質と一緒に摂取すると消化が悪く時間がかかります。胃の中で発酵し、糖の分解によって、ガスの発生やお腹の膨張に影響します。

デンプン質を多く含む主な素材

白菜やキャベツ、芽キャベツ

白菜やキャベツといった緑色が薄い葉はダイエットに有効なクロロフィルが少ないです。なのでスムージーの使用にはあまり向いていません。使用する場合は白菜・キャベツの白い芯の部分はデンプン質が多いため、芯を取り除き、使用すると良いでしょう。

ブロッコリー、カリフラワー

生で食べると抗がん効果が期待できるブロッコリー。しかし茎の部分にはでんぷん質を多く含んでいる為、避けるようにしましょう。生で食べるのに抵抗がある人は茹でてもいいですが、生の方が栄養価は高いです。茹でる場合は短い時間で歯ごたえが残る程度にしておきましょう。

根菜類・その他食材(ズッキーニ―、なす、オクラ、とうもろこしなど)

根菜類にはにんじん、ごぼう、かぼちゃなどがあげられます。スムージーレシピには割りと定番の食材である人参ですが、実は根菜はデンプン質を多く含んでいます。上記でも説明した通り、フルーツとの食べ合わせで腸内にガスが発生しやすくなるので避けるようにしましょう。但し、人参には身体を温める効果があります。冷え性の方や冬の季節にはオススメです。

豆類

そら豆やインゲン、えんどう豆、小豆、大豆など豆類は基本的に脂質が多くデンプン質も多いので避けたほうがいいです。但し、豆類・ナッツ類を加えるとスムージーにボリュームがでるので空腹感に弱い人は加えてみてもいいかもしれません。

注意

豆類は必ずゆでるなど、加熱調理をしてから、使用、摂取して下さい。吐き気、嘔吐などの中毒症状が出ることがあります。完熟した乾燥豆の場合は、芯の中心部分まで熱が入るように、じっくり加熱して下さい。

注意したい、遅延型フードアレルギー

よく知られているのは即効型アレルギーと言って、摂取後すぐに症状が出るタイプのものです。ピーナッツなどを摂取後、呼吸が苦しくなると言った症状が出るアレルギーのことです。一方それとは別に、摂取後数時間から数週間後に症状が出る遅延型のフードアレルギーがあります。

遅延型の場合は発症するまで長い時間がかかるため、本人も原因がわからず苦しむケースも多いようです。症状も多岐にわたり、消化器系の腹痛、吐き気、嘔吐、食後の膨満感などから呼吸が苦しくなる等の呼吸器系、アトピーを代表とする皮膚に出る外皮系、神経系、その他です。発症時期や箇所は個人により様々で、判断が難しいと言えるでしょう。

遅延型フードアレルギーの原因と考えられる食品

この遅延型フードアレルギーの原因物質と考えられている中には、スムージー作りによく使われる素材が多く含まれています。それでは原因と言われる食品は、どんな物なのでしょうか?具体的に見て行きましょう。

乳製品

牛乳、ヨーグルト、チーズなど。

果実

バナナ、メロン、パイナップル、すいか、柿など。

確かにスムージーで、飲みやすい組合せとして紹介されている食品が含まれています。特にバナナと牛乳の組み合わせは、栄養価も高く、身近な食材で、相性が良いので、おススメに挙げられる等人気です。今後は体調の様子を観察しながら、素材選びにも注意が必要でしょう。

対策

使用する素材はローテーションを組むなど、なるべくたくさんの種類を使って、色々な味のスムージーを作ることです。おススメレシピを集めたり、自分好みのレシピを増やすようにすると良いでしょう。

これまでスムージーを作る時に気をつけたい、悪い組合せや注意すべき点について見て来ましたが、いかがでしたか?自然のチカラがいっぱい詰まった野菜や果物で、スムージーを試してみて下さい。特に朝に飲むと効果的です。忙しい場合は最初は市販品からでもチャレンジすると、野菜や果物のパワーを実感できると思いますよ。

人気スムージーランキング
目的効果別にレシピを探す
ダイエット効果
むくみ解消
美肌効果
便秘解消
健康的な体づくり
材料別にレシピを探す
バナナ
小松菜
リンゴ
ほうれん草
ベリー系
アボカド
水菜
トマト
その他
人気の記事
スムージーで悪い組み合わせ
スムージーの基本的なルール
スムージードリンクの保存方法!作り過ぎた!材料余った!そんなとき長持ちさせるには?
スムージー、飲みすぎは体に毒?
スムージーで離乳食
もっと記事を読む
最新の記事
スムージーに次に流行るのはライスミルク? ライスミルクとは
スムージードリンクの保存方法!作り過ぎた!材料余った!そんなとき長持ちさせるには?
スムージーを持ち運び!持ち歩きに便利な方法
スムージーにはどっちが良い?フードプロセッサ―とミキサーの違い
ホットスムージーでも使用される根菜類