スムージー作りに必要なもの

スムージー作りに必要なものとは、どんな物でしょうか?
手作りする場合に準備すべき、材料や便利な道具などを見て行きましょう。

①素材となる野菜や果物

まず必要なのは、素材となる新鮮な野菜や果物です。
なるべく旬の物を摂取すると、味も濃厚で美味しい仕上がりになります。
お気に入りの食材もあるでしょうが、毎日同じ物ではなく、ローテーションを組む等、なるべく多くの種類をバランスよく摂取するように心がけて下さい。
素材により、期待される効果がそれぞれ異なるからです。また同じ物を高い頻度で摂取すると体に良くない場合がある為です。

例えばスプラウト類は人間に対しての毒性はないのですが、成長する段階で害虫等から身を守るため、微量の毒性物質が含まれています。その様な物質を体内に多く蓄積しない為にも、偏りなく多くの種類を摂取することが必要です。

注意点

病気療養中・体調が優れない方

健康な方は問題なくても、病気の方は体調により、お好みのスムージーが体に合わない場合があるかもしれません。
病気療養中の方や体調を崩している方は、治療や服用中の薬との関係上、スムージーに含まれる栄養素が体に良くないと判断される場合も考えられます。
ご自分の病気、服用の薬、使用素材の栄養素などを踏まえて担当の医師に確認することをおススメします。

素材の毒性

素材によっては生で食べられない物もあり、素材選びには注意が必要です。

大豆などの豆類

生の状態の豆類や、完熟した乾燥豆には毒性成分が含まれている物があります。
特にベニバナインゲンは厚生労働相のHPで自然毒のリスクポロファイルとして掲載。症状としての多くは食後2~4時間に吐き気、嘔吐、腹痛、下痢など消化器にする場合があるようです。
その他にも、大豆、小豆、そら豆、えんどう豆なども充分に加熱せずに摂取すると中毒症状が出る場合があります。ご注意下さい。

豆類の調理

豆類を使用する場合(乾燥完熟豆は水に浸して戻した後)、沸騰状態での加熱調理が必要です。豆の中心部にも熱が通るよう、充分に加熱して下さい。更に水溶性の毒の場合はゆで汁にも毒が溶け出ていますので、ゆで汁は捨てて下さい。

②計量カップと水など

計量カップ

 

水や水分を含んだものを計量する時、あると便利です。

水分

材料の他に、水等の水分が必要です。水の代わりに豆乳、甘酒などを使用する方もいる様です。

③調味料

調味料があると、より味わいが豊かになります。
デザート風のスムージーに仕上げるなら、お好みに合わせて、色々組み合わせると楽しいですね。
よく使用される調味料は、以下の通りです。

ドライスパイス

シナモンや、ジンジャー、チリパウダー、ナツメグ、ガーリックなど。

ドライフルーツ

生の素材が効果的ですが、味を調節する時などに、重宝します。

④ミキサー・ブレンダ―

スムージー作りに欠かせないのが、ミキサーやブレンダ―といった、素材を滑らかなドリンク状に仕上げる機械です。
スムージーが人気となってからは、ミキサーやブレンダ―の種類が増え、メーカーや価格も様々です。
機能が充実していても、高価すぎるのも考えものです。一方低価格のミキサーを購入後、耐久性の問題なのか、毎日使って半年~1年以内に壊れてしまうこともある様です。保証期間にも関わらず修理が有料扱いの為、結局買い換えるなどのトラブルを経験した方もいる様です。

      

バイタミックス

『バイタミックス』は、そんな中で多くの方が注目している、アメリカの製品です。
価格は7万円以上もする高価な物。しかしアボカドの種も粉砕するほどのパワーがあるそうです。家族の人数が多いなど、ミキサーを使う頻度が高い場合には耐久性を考えれば妥当な価格と言えるかもしれません。
ただパワーが凄いだけに、通常摂取しないタネまでも粉砕し飲むとなると、消化等の面で体の負担が心配されます。服用中の治療薬との関係も考慮する必要があるかもしれません。
特にがんや病気を患っている方は、担当医にご確認下さい。

      

パナソニック ファイバーミキサー

最近人気なのはパナソニックのファイバーミキサーです。
ふたをしたままでも、かきまぜられる、バーがついてとても便利。
手ごろな価格で、機能的にもかなりレベルアップしました。
スムージーの仕上がりは、以前にも増して、より滑らかな食感です。
特に便利機能が色々ついて、更にアタッチメントを使用すると料理やスイーツづくりが簡単ラクラク。
独自のカッターが、氷も粉砕するので、かき氷も作れます。
パスタソースも1人分から手を汚さずに出来るから、料理も楽しめます。

ミキサー・ブレンダ―の購入前に

スムージーを始めると決意しても、確実に毎日続けられるとは限りません。
いきなり高額なミキサーを買う前に、スムージーが体質に合うかなど、試してみるのも必要です。
個人差がありますが、体調や体質に合わない方もいらっしゃるでしょう。なので、まずは市販のスムージーを試して、自分の体に合いそうだとわかってから購入しても遅くはありません。
 また自分で手作りが無理だと思う方は、まず市販品から試してみてはいかがでしょうか?
 特に朝は効果的と言われますが、準備や片づけなど大変です。
まずはスムージーを楽しみ、手軽に始めることから考えるのも1つの方法としては良いと思います。

失敗しないスムージーミキサーの選び方

 
人気スムージーランキング
目的効果別にレシピを探す
ダイエット効果
むくみ解消
美肌効果
便秘解消
健康的な体づくり
材料別にレシピを探す
バナナ
小松菜
リンゴ
ほうれん草
ベリー系
アボカド
水菜
トマト
その他
人気の記事
スムージーで悪い組み合わせ
スムージードリンクの保存方法!作り過ぎた!材料余った!そんなとき長持ちさせるには?
スムージーの基本的なルール
スムージーに適さない選んではいけない材料
スムージーにはどっちが良い?フードプロセッサ―とミキサーの違い
もっと記事を読む
最新の記事
スムージーに次に流行るのはライスミルク? ライスミルクとは
スムージードリンクの保存方法!作り過ぎた!材料余った!そんなとき長持ちさせるには?
スムージーを持ち運び!持ち歩きに便利な方法
スムージーにはどっちが良い?フードプロセッサ―とミキサーの違い
ホットスムージーでも使用される根菜類