途中で止めちゃう「グリーンスムージー生活」を毎日続けるコツ

スムージー生活を毎日続けるコツ

グリーンスムージーに限らずダイエット・美容全般に言えることですが何事も「継続」することが大切です。グリーンスムージーはそもそも簡単に作れ、手軽に出来るドリンクですが意外とこれが続かない人が多いです。作り方は簡単。野菜とフルーツを適度な大きさに切り、ミキサーにかけるだけなのですが意外とこのミキサーを毎日洗うのが面倒で…という人も少なくないはずです。
また夏場ならまだしも冬場は冷たい飲み物があまりごくごく飲めないという人もいるでしょう。

今回の記事ではそんな面倒くさがり屋な方でもグリーンスムージーを毎日続けられるコツをご紹介したいと思います。

夜ではなく朝に飲もう!

朝は比較的忙しく時間もないので朝から作ってられない!という人もいるかもしれません。健康目的に食事+αで飲んでいる方はいいのですが、グリーンスムージーで置き換えのダイエットを行っている人は特に目を通して欲しいです。

夜の置き換えではなく、朝の置き換えがいい理由

置き換えダイエットに置いて数字の効果がより早くでるのは夜でしょう。それはきっと間違いではありません。しかし、昔と違い夜遅くまで生活をする現代で夜ご飯を食べずドリンクだけを飲む生活が長続きするでしょうか?よほどの忍耐がないとツライですし、職場や友人からの誘いもあるでしょう。無理はストレスに繋がり逆効果です。またそもそもグリーンスムージーは吸収を良くするため、飲む前後40分は食事をしない方がいいと言われています。これを毎日クリアしようと思うと起床後の朝がベストなのです。

空腹感に打ち勝つためにも

とにかく置き換えダイエットであれば空腹との戦いです。帰宅時間にもよりますが割りと早めに仕事が終わる人ほど夜は長いです。これが夜の置き換えだと就寝までの時間にまたお腹が空いてしまう人も多いでしょう。自宅では気がゆるみがちです。朝食であればどんなに仕事が始まる時間が早いひとでも4時間ほどの我慢で昼食の時間になるのではないでしょうか?空腹に弱い人はグリーンスムージーにナッツ類を入れると全然腹持ちが変わってきますよ!おすすめです。

材料はまとめ買いし冷凍保存を活用しよう!

グリーンスムージーは「生」の食材で豊富な栄養素とれることが特徴です。しかし生の食品故に保存が難しいこともあるでしょう。そんな時は冷凍保存が便利です。

冷凍保存して問題ないの?

正直に言ってしまえば生の時に比べ、冷凍してしまうと栄養価は多少落ちてしまいます。しかしこまめにスーパーに食材を買い足しに行くのも面倒でしょう。こまめに行くことが出来るのであればそちらの方がいいです。しかしそれが原因でグリーンスムージー生活を辞めてしまうのであれば、多少栄養が落ちようとも続けることの方が優先だと思います。何事も頑張り過ぎは続きません。完璧を目指しすぎるのは失敗に繋がるので便利なものは有効活用していきましょう。

冷凍保存ってどうやればいいの?

まず『グリーン』の保存の仕方ですが基本的には軽く洗い切って保存袋に入れて冷凍するだけです。但しほうれん草を使う場合はアクを摂るために1分ほどレンジで加熱または軽く茹でてから保存袋にいれて保存しましょう。
『フルーツ』の場合も同様でフルーツの皮を剥いてから保存袋にいれて保存するだけです。予めミキサーに入るよう適度なサイズにカットしておくと便利でしょう。

人気スムージーランキング
目的効果別にレシピを探す
ダイエット効果
むくみ解消
美肌効果
便秘解消
健康的な体づくり
材料別にレシピを探す
バナナ
小松菜
リンゴ
ほうれん草
ベリー系
アボカド
水菜
トマト
その他
人気の記事
スムージーで悪い組み合わせ
スムージーの基本的なルール
スムージードリンクの保存方法!作り過ぎた!材料余った!そんなとき長持ちさせるには?
スムージー、飲みすぎは体に毒?
スムージーにはどっちが良い?フードプロセッサ―とミキサーの違い
もっと記事を読む
最新の記事
スムージーに次に流行るのはライスミルク? ライスミルクとは
スムージードリンクの保存方法!作り過ぎた!材料余った!そんなとき長持ちさせるには?
スムージーを持ち運び!持ち歩きに便利な方法
スムージーにはどっちが良い?フードプロセッサ―とミキサーの違い
ホットスムージーでも使用される根菜類