チンゲン菜とトマトのスムージーレシピ

酸味、甘さのバランスがとれたスムージーレシピ♪
カリウムが豊富でむくみが気になる時に飲むのがオススメ。
ただ材料の数が多いので作るのが少し大変なのがネック。

得られる効果
ダイエット効果
美肌効果
便秘解消
アンチエイジング
むくみ解消
健康に良い
評価
飲みやすさ総合 評価4
甘さ 評価4
酸っぱさ 評価2
苦味 評価1

スムージーのレシピ

材料 (コップ1杯 200ml相当)

  • チンゲン菜1/2個(70g)
  • トマト小1個(100g)
  • オレンジ1/2個(50g)
  • バナナ1本(100g)
  • 水30ml
  • ハチミツ入りリンゴ酢30ml
  • ミント1枚(あれば)
  • ※400ml出来ます

作り方

  1. 青梗菜を適当な大きさにカット
  2. トマトはヘタを取り除き、ミキサーに入る大きさにカット
  3. オレンジは皮を取り、実のまわりに付いている白いスジはそのまま入れる
  4. 好みの滑らかさになったらミキサー終了♪
  5. コップに入れてミントを添えれば出来上がり♪
スムージーレシピ画像1

ドリンクの栄養素

栄養素

  • カロリー:115.8Kcal
  • 炭水化物:33.5g
  • タンパク質:2.72g
  • 脂質:0.42g
  • 食物繊維:3.34g
  • ビタミンC:67.8mg
  • ビタミンB群:0.85mg
  • 葉酸:110.2μg
  • 鉄分:1.42mg
  • カリウム:822mg

効果について

カリウムが822mgととっても豊富。
カリウムの主な効果としては、むくみの改善!体内の余分な水分をカリウムを摂取することで排出することができます。

また高血圧の予防や改善にも効果があります。

トマトには話題の成分リコピンが多く含まれ、LDL酸化抑制やがん予防に効果を発揮します。

スムージーの飲みやすさ・味

スムージーの味が分かる画像

感想

チンゲン菜のグリーンスムージーは思ったより青臭さがなく、飲みやすい味に仕上がりました。トマトの爽やかさ、オレンジの酸味、バナナの甘さもバランス良く調和しています。

トマトはヘタを取り、オレンジは皮と種を除きます。バナナは皮をむいて、両端を1cmほど落とすと苦みと残留農薬を除くことができます。水は、チンゲン菜の水分が多いので、ブレンダーが回る程度で充分です。(※サラッと飲みたい方は更に水を足して調整を。)

記者は苦みや青臭さが気になる方なので、ハチミツ入りリンゴ酢も少し足しています。お酢にはビタミンCを活性化する働きもあるのでスムージーとの相性はよさそうです。

また、ミントの葉を載せると清涼感がプラスされてグッと飲みやすくなるのでオススメ!自ずと咀嚼もすることになり一石二鳥です♪ガーデニング初心者向きのハーブですので、自分で育ててみてもよいかも。少量をちょいちょい使えるので、とっても重宝しますよ♪

人気スムージーランキング
目的効果別にレシピを探す
ダイエット効果
むくみ解消
美肌効果
便秘解消
健康的な体づくり
材料別にレシピを探す
バナナ
小松菜
リンゴ
ほうれん草
ベリー系
アボカド
水菜
トマト
その他
人気の記事
スムージーで悪い組み合わせ
スムージーの基本的なルール
スムージードリンクの保存方法!作り過ぎた!材料余った!そんなとき長持ちさせるには?
スムージー、飲みすぎは体に毒?
スムージーで離乳食
もっと記事を読む
最新の記事
スムージーに次に流行るのはライスミルク? ライスミルクとは
スムージードリンクの保存方法!作り過ぎた!材料余った!そんなとき長持ちさせるには?
スムージーを持ち運び!持ち歩きに便利な方法
スムージーにはどっちが良い?フードプロセッサ―とミキサーの違い
ホットスムージーでも使用される根菜類