手軽に作れるほうれん草のグリーンスムージーレシピ

2つの材料(ほうれん草、バナナ)しか使わないからすぐに作れるグリーンスムージー。

ほうれん草の苦味をバナナの甘みが緩和してくれ、飲みやすくなります。
バナナ、ほうれん草ともに食物繊維が多いので便秘解消に効果があります。

得られる効果
ダイエット効果
美肌効果
便秘解消
アンチエイジング
むくみ解消
健康に良い
評価
飲みやすさ総合 評価1
甘さ 評価1
酸っぱさ 評価0
苦味 評価4

スムージーのレシピ

材料 (コップ1杯 200ml相当)

  • ほうれん草1株(75g)
  • バナナ1本
  • 水120ml

作り方

  1. バナナ、ほうれん草を適当な大きさにカット(バナナは冷凍済みのものでもOK)
  2. ミキサーに材料を入れ、水を加えてミキサーをかければ完成♪
スムージーレシピ画像1

ドリンクの栄養素

栄養素

  • カロリー:88.1Kcal
  • 炭水化物:21.45g
  • タンパク質:2.59g
  • 脂質:0.47g
  • 食物繊維:3.04g
  • ビタミンC:39.85mg
  • ビタミンB群:0.74mg
  • 葉酸:179.6μg
  • 鉄分:1.76mg
  • カリウム:823.5mg

効果について

このほうれん草のグリーンスムージーのレシピは、特に食物繊維とカリウムが多く摂れます。

食物繊維は水溶性、不水溶性の両方の食物繊維がバランスよく含まれており、腸内の環境を整えるのにベストです。また不要な脂質を吸着する効果もありますので、若干のダイエット効果も期待できます。

カリウムは、高血圧や脳梗塞の予防として大変効果があり、その他利尿効果やむくみ解消に効果があります。

ほうれん草に多く含まれるβカロテンは風邪予防、内臓の健康維持に必要な栄養素です。
健康維持、便秘の解消に効果が期待できるほうれん草とバナナのグリーンスムージーをどうぞ。

スムージーの飲みやすさ・味

スムージーの味が分かる画像

感想

ほうれん草の苦味が強いグリーンスムージー。
バナナで飲み始めは甘いものの飲み込むと苦味が来る。

苦味が苦手な人はリンゴをプラスするか、ほうれん草の代わりに小松菜を入れると飲みやすくなる。
ただ葉酸はほうれん草の方が上。

人気スムージーランキング
目的効果別にレシピを探す
ダイエット効果
むくみ解消
美肌効果
便秘解消
健康的な体づくり
材料別にレシピを探す
バナナ
小松菜
リンゴ
ほうれん草
ベリー系
アボカド
水菜
トマト
その他
人気の記事
スムージーで悪い組み合わせ
スムージードリンクの保存方法!作り過ぎた!材料余った!そんなとき長持ちさせるには?
スムージーの基本的なルール
スムージーに適さない選んではいけない材料
スムージーにはどっちが良い?フードプロセッサ―とミキサーの違い
もっと記事を読む
最新の記事
スムージーに次に流行るのはライスミルク? ライスミルクとは
スムージードリンクの保存方法!作り過ぎた!材料余った!そんなとき長持ちさせるには?
スムージーを持ち運び!持ち歩きに便利な方法
スムージーにはどっちが良い?フードプロセッサ―とミキサーの違い
ホットスムージーでも使用される根菜類