リンゴを使ったスムージー

リンゴのの栄養素とその効果

リンゴをスムージーに入れると得られる効果は、整腸作用、アンチエイジング、がん予防が主に挙げられます。

りんごの整腸作用では、便秘の解消だけでなく、下痢でお困りの方にも効果的です。リンゴに含まれるペクチンには腸内の乳酸菌を増やしたり高い解毒効果があります。その他にも腸の運動が異常なときや弱っている時に元気を取り戻したりと調整効果もあることがわかっています。

またリンゴにはがん予防の効果もあることが研究でわかっています。1番効果的なのが肺がんに対してで、肺がんリスクを58%低下、その他全てのがんリスクを17%低下させる効果があることが分かっています。

その他、老化を抑制する効果があるポリフェノールがりんごには多く含まれています。ポリフェノールが非常に多いとされている赤ワインは100mlあたり約140mg、対してリンゴ100gあたり約104mgもあります。

1日1個のリンゴは医者を遠ざけると欧州で言われているリンゴはスムージーに入れると美味しく飲みやすい味になりますし、上記のようにたくさんの効果をもたらしてくれますのでオススメな果物です。

リンゴを使ったスムージーレシピ・作り方

スムージーにリンゴを入れるとどんな効果がある?

  • 便秘解消
  • アンチエイジング
  • むくみ解消
  • 健康的な体づくり

リンゴには特に整腸作用、老化防止、がん予防に効果がある。

その他にもリンゴにはこんな効果がある

  • 便秘解消
  • 下痢対策
  • 貧血予防
  • 動脈硬化予防
  • がん予防
  • 食欲増進
  • コレステロール抑制
  • 虫歯予防

リンゴ1個分(約268g)の栄養素

カロリー 145Kcal
炭水化物 39.13g
タンパク質 0.54g
脂質 0.27g
食物繊維 4.02g
ビタミンC 10.72mg
ビタミンB群 0.16mg
葉酸 13.4μg
鉄分 0mg
カリウム 294.8mg

リンゴ100gあたりの栄養素

カロリー 54Kcal
炭水化物 14.6g
タンパク質 0.2g
脂質 0.1g
食物繊維 1.5g
ビタミンC 4mg
ビタミンB群 0.6mg
葉酸 5μg
鉄分 0mg
カリウム 110mg
目的効果別にレシピを探す
ダイエット効果
むくみ解消
美肌効果
便秘解消
健康的な体づくり
材料別にレシピを探す
バナナ
小松菜
リンゴ
ほうれん草
ベリー系
アボカド
水菜
トマト
その他
人気の記事
スムージーで悪い組み合わせ
スムージードリンクの保存方法!作り過ぎた!材料余った!そんなとき長持ちさせるには?
スムージーの基本的なルール
スムージーにはどっちが良い?フードプロセッサ―とミキサーの違い
チアシード入りのスムージーは満腹感が凄い
もっと記事を読む
最新の記事
スムージーに次に流行るのはライスミルク? ライスミルクとは
スムージードリンクの保存方法!作り過ぎた!材料余った!そんなとき長持ちさせるには?
スムージーを持ち運び!持ち歩きに便利な方法
スムージーにはどっちが良い?フードプロセッサ―とミキサーの違い
ホットスムージーでも使用される根菜類