ブロッコリーのグリーンスムージーレシピ!ビタミンCが豊富!

ブロッコリーとリンゴ、キウイのグリーンスムージー。
ビタミン、食物繊維が豊富で、抗酸化作用が強いスムージーです。

苦味も甘みもあまりなく味としての特徴は弱いですが、栄養素がたっぷり入ったレシピですので、効果を求める人にはオススメ。

得られる効果
ダイエット効果
美肌効果
便秘解消
アンチエイジング
むくみ解消
健康に良い
評価
飲みやすさ総合 評価1
甘さ 評価2
酸っぱさ 評価1
苦味 評価1

スムージーのレシピ

材料 (コップ1杯 200ml相当)

  • ブロッコリー2個(50g)
  • リンゴ1/4(80g)
  • キウイ1/2(55g)
  • 牛乳120ml

作り方

  1. 適当な大きさに材料をカット
  2. ミキサーに材料、牛乳を入れミキサーを掛けるだけで完成♪
スムージーレシピ画像1
スムージーレシピ画像2

ドリンクの栄養素

栄養素

  • カロリー:133.1Kcal
  • 炭水化物:24.2g
  • タンパク質:6.6g
  • 脂質:4.9g
  • 食物繊維:4.2g
  • ビタミンC:85.65mg
  • ビタミンB群:0.65mg
  • 葉酸:126.1μg
  • 鉄分:0.59mg
  • カリウム:537.3mg

効果について

ブロッコリーは超低カロリーで栄養満点の野菜。
特にビタミンCが多く、レモンの2倍も含まれています。
また食物繊維やマグネシウム、カルシウムも多く含まれていて、血圧の正常化、骨の健康に欠かせない材料です。

また成熟していないブロッコリースプラウト(発芽三日目ほど)には抗酸化作用が素晴らしいスルフォラファンが非常に多く含まれています。アンチエイジングにも効果的ですしメタボ予防にも効きます。

スムージーの飲みやすさ・味

スムージーの味が分かる画像

感想

飲めないことは無いけど美味しくない。繊維が多くて食感がかなりある。
このブロッコリースムージーは牛乳ではなく、水の方が美味しいと思う。また120mlしか入れなかったけど、200mlほど入れると飲みやすくなる。

人気スムージーランキング
目的効果別にレシピを探す
ダイエット効果
むくみ解消
美肌効果
便秘解消
健康的な体づくり
材料別にレシピを探す
バナナ
小松菜
リンゴ
ほうれん草
ベリー系
アボカド
水菜
トマト
その他
人気の記事
スムージーで悪い組み合わせ
スムージーの基本的なルール
スムージードリンクの保存方法!作り過ぎた!材料余った!そんなとき長持ちさせるには?
スムージー、飲みすぎは体に毒?
スムージーで離乳食
もっと記事を読む
最新の記事
スムージーに次に流行るのはライスミルク? ライスミルクとは
スムージードリンクの保存方法!作り過ぎた!材料余った!そんなとき長持ちさせるには?
スムージーを持ち運び!持ち歩きに便利な方法
スムージーにはどっちが良い?フードプロセッサ―とミキサーの違い
ホットスムージーでも使用される根菜類